10月29日 第6回 光ファイバセンシング振興協会主催シンポジウム パネル展示いたしました。

2014.10.30

【第6回シンポジウム】
日 時    2014年10月29日(水) 13:00~17:00
主 催    特定非営利活動法人 光ファイバセンシング振興協会
共 催    東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻
協 賛    公益社団法人土木学会、社団法人応用物理学会光波センシング技術研究会、日本メンテナンス工業会、一般社団法人次世代センサ協議会、
      株式会社オプトロニクス社
開催場所    東京大学・山上会館ホール 2階大会議室
住所:東京都文京区本郷7-3-1
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_00_02_j.html


基調講演:「光ファイバセンシングの新たな応用分野を開く」
    東京工業大学 教授 中村健太郎様


成果発表:「(防災)光ファイバセンシングの運用実態」
    座長―東京大学大学院工学系研究科 准教授 村山英晶様


光ファイバセンシング振興協会 第6回シンポジウム




第6回光ファイバセンシング振興協会主催
シンポジウム

基調講演

パネル展示会場

KSK シビルレンタル パネル展示の様子
パネル展示ブースにたくさんの方にご覧いただきました
技術交流会
 光ファイバセンシング技術はインフラの変状、温度変化、大型構造物のヘルスモニタリングといった分野で実用期に入り活発な取り組みが行われています。しかしながら、光ファイバセンシングの可能性はこれらにとどまるものではありません。そこで、今回のシンポジウムでは東京工業大学の中村健太郎教授をお迎えし、これまでと違う新規応用分野での実用可能性を探るべく、基調講演として医療分野での計測、プラスチックファイバを用いた歪、温度計測など、最先端の研究についてお話を伺いました。
 また、「先進的センシングの運用実態」と題する光ファイバセンシング振興協会の会員企業による、光ファイバセンサの実物展示と体感コーナーも出展させていただきました。、足をお運びいただいた皆様始め多くの方に支えられ、無事、会期を終える事ができました。
閉じる