サーモショット F30(日本アビオニクス(旧NEC Avio赤外線テクノロジー))

サーモショット F30(日本アビオニクス(旧NEC Avio赤外線テクノロジー))

携帯性、操作性に優れたコンパクトサーモグラフィ

 デジカメの様に使いやすいデザイン、300gの超軽量ボディで、従来の計測器のイメージを一新しました。しかも、環境に配慮した単3形充電池の採用により、フィールドでの使いやすさを実現しています。また、フォーカスフリー・可視画像と熱画像の同時保存機能、わかりやすいアイコン操作、日本語を含む16ヶ国語表示など赤外線サーモグラフィのエントリーモデルとして、初心者の方でも簡単に扱うことができる赤外線サーモグラフィです。

機種名 サーモショット
型番 F30
メーカー名 日本アビオニクス(旧NEC Avio赤外線テクノロジー)


  特長

  • ・手軽に持ち出し、さっと取り出して、かんたんに撮影できるコンパクトポケットサイズ。
  • ・300gの超軽量ボディで、 デジタルカメラのようなデザインで、測定シーンが広がります。
  • ・分かりやすいアイコンで直感的な操作が可能。マニュアルを読まなくても、簡単に撮影できます。
  • ・1.3m以上はピント合わせが不要。初心者でも確実な熱画像を撮影できます。
  • ・熱画像と可視画像を同時に撮影。可視画像で撮影対象物を残せるので、レポート作成が簡単です。
  • ・解析が可能なJPEGデータに対応。汎用ソフトで閲覧でき、なおかつ撮影後のデータ解析が可能です。
  • ・近距離10センチメートルまでフォーカスを合わせられるので、小さな部品の温度測定もかんたんです。
  • ・入手しやすい単3形充電池を採用。緊急時には単3形アルカリ電池も使用できます。
  • ・外付けファインダやLEDライトなど、市販のカメラアクセサリーを取り付けられます。

データ画像

熱画像 可視画像(メジャーオンピクチャーモード)
   


測定距離と視野の大きさ

イメージ:測定距離と視野の大きさ




  お客様から実際に撮影した写真を頂きました

プール(材質の温度差)









アスファルト(陰との温度差)









時間帯の温度差






  仕様

型式 F30W F30S
測定範囲 -20~+350℃ -20~+100℃
最小温度分解能 0.2℃/0.1℃(S/N改善時)(at 30℃) 0.1℃
検出素子 二次元非冷却センサー
測定波長 8~13μm
フレームタイム 1/8.5秒
有効表示画素数 160×120
測定視野角 28°×21°
空間分解能 3.1mrad
焦点距離 10cm~∞(但し温度精度保証は、50cm~)
フォーカス マニュアル/1.3m~∞フォーカスフリー
熱画像表示 ±2℃ or 読み値の±2%のいずれか大きい方
可視カメラ 70万画素CCDカメラ
ポイント値 中心点、最高/最低、可動点1、ΔT
放射率補正
反射温度補正
ISO
アラーム 表示アラーム、色アラーム(ISO)
画質改善
パレット数 3(レインボー・アイリス・輝度カラー)
モニターサイズ 2.7型液晶モニター
画像保存 データつきJPEG(温度スケール変更・解析可能)
記録媒体 SDカード
マルチ画像表示 9画面
インターフェース USB2.0、ビデオ出力
電池タイプ ニッケル水素充電池×3本
AC駆動
スリープモード
自動電源OFF
動作環境温度 −15~+50℃
防塵・防滴構造 IP43
寸法 100×65×45mm
重量 約300g(電池3本含む)



 構成品

標準構成品 本体(レンズキャップ、ハンドストラップ、SDカード付)、電池ソケット、ニッケル水素電池×3、充電器、ソフトケース、USBケーブル(1.5m)、ACアダプタ、電源ケーブル、ビデオケーブル(3m)、Viewerプログラム(CD-R)、収納ケース、取扱説明書
 ※対応OS:WindowsVistaまで



  オプション品

オプション カメラ用三脚